初心者必見!証券取引に興味を持ったらまずはココ!

トップページ

個人がその世界に足を踏み入れようとも敷居が高かった投資の世界。ここ数年、その敷居が低くなりつつあります。

最近では、少ない投資金からも始められるような金融商品から、初心者でもリスクを小さく、大きく稼げるようなシステムが、どんどんサービス展開されていき、主婦が家事の合間に株式市場を覗くような時代です。

そんな金融市場に興味を持ちながらも、どうやって足を踏み入れてよいかわからない人は、まずはここでその門扉を叩いてみましょう。

初心者がまず躓きがちなことはこれ!

初心者が証券取引に興味を持っても、最初にぶつかる壁が次のようなことです。

  • どの証券会社が良いのかわからない
  • この言葉ってどんな意味?
  • 株以外の投資があるけど、これって何?

などなど。

分からないことを見つける度に、一つ一つネットで調べていては、なかなか実際の取引を開始するまでには至りません。そういうときこそ、まとめサイトなどを頼りましょう。

まずは証券会社選びから。自分にあった投資スタイルで選ぼう!

株式投資を始める人にとって、自分の投資スタイルを決めるということは、とても重要なことです。投資スタイルは人によってそれぞれ。短期狙い、長期狙い、それにより選ぶべき銘柄が大きく異なります。

またそれに伴い、大きく変わってくるのも、取引先の金融会社。取り扱い手数料の設定は、金融会社によってまちまちなので、どの証券会社で取引をするかを決める上では、手数料は参考になる項目です。

例えば、ライブスター証券。こちらは約定するごとに料金を取られる証券会社。一日に何度も取引する人より、中・長期で株取引をする人向けと言えます。

逆の例で言えば、岩井コスモ証券。一日ごとの定額制で手数料が請求される証券会社です。超短期で、「デイトレードをしたい!」という人は、まさしくこちらの証券会社がお勧めと言えます。

沢山ある証券会社の中から、その人のニーズにあった会社と取引することが、まず最初のステップとしてとても大事です。お勧めの証券会社を知りたいのなら、こちらをご覧下さい。

証券会社ランキング発表!安心できるところで取引しよう

言葉がわからない?まずはコレを覚えよう!!

トップページ 1

金融世界に足を踏み入れて、次につまずくのが言葉。証券会社に口座を開いたけど、知らない言葉が多くて戸惑う。投資初心者あるある話です。

単語について言えば、株取引を行う上で、特に押さえておきたい基本的な単語、というものがいくつかあります。例えばその代表が「単元株」。

単元株は以下のように表されます。

単元株とは、通常の株式取引で売買される売買単位のことです。単元は、ある一定のルールをクリアすれば企業が自由に決めることができるので、1単元の株数は銘柄によって異なりますが、1株、100株、1,000株が一般的です。

引用:SMBC日興証券、初めてでもわかりやすい用語集

つまり単元株とは、株主としての権利を取得するのに、最低限購入しなければならない株数のことを言います。

株主としての権利が欲しいのか?あるいは、ただ単に株を購入したいのか、それだけで、購入しなければならない株数というものが大きく異なるのです。

また、単元未満で株を売買するとなると、成行注文という注文方法になります。指値、成行、逆指値、まずはこういった単語を身に着けましょう。

金融市場の、これだけは覚えようという単語を詳しく知りたい人はこちら。初心者はこれを覚えよう!証券用語10選

株式以外という投資スタイル。種類も様々な証券取引。

オプション取引 その2

投資といったら、誰もが思い浮かべるのが株取引。老若男女、幅広い世代で、投資=株というイメージが定着しているようです。株は、それを購入することで、その企業の経営権を得ることができます。しかし実際の投資は、株取引だけではありません。債券もあります。

そもそも、「証券」という単語に着目したことはありますか?証券とは、権利や義務を紙にしたためたもの。つまり、証券取引とは株取引だけを指す単語ではないのです。証券の中には、株もそうですが、債券もあります。株、証券、債券、これらの違いについて詳しく知りたい方はこちら。【初心者】株と証券の違いって何?【必見】をご覧下さい。

思ったよりも単純な仕組みの先物取引。お金以外で投資という方法。

先物取引とは、将来的な商品の取引を、今現在の価格で行う投資方法です。実際の商品のやり取りはありませんが、それこそ証券上、商品の売買を行っていきます。

先物取引を行うには、証拠金が必要。証拠金は、担保のことです。証拠金は、商品価格の5~20%の額を納めなければなりません。また、証拠金が足りなくなった場合は、追証金というものも発生します。

先物取引について詳しく知りたい人はこちら。先物取引は安心してできるの?仕組みから徹底解剖

株と先物で経験を磨いたら、オプション取引という選択も。

先物取引と同じような仕組みで、利益を出していく金融商品にオプション取引というものがあります。先物取引との違いは、次の4点。

  • オプション取引は権利の取引
  • 買うことができる権利と、売ることができる権利、二つの立場からの売買
  • 満期日に権利行使が必ず行われる
  • 証拠金、追証金は「売り」の場合にのみ発生

オプション取引は、先物取引と似ているところが多々ありますが、実際は、大きくことなります。それ故、ある程度の経験と知識がなければ行えない金融商品です。初心者が取引を開始したくとも、証券会社から断られる可能性も。

しかし、難易度が高いということは、他よりも一歩リードした金融市場に参入できるということ。知っていても損はない投資の仕方。オプション取引について詳しく知りたくなった人はこちらへ。オプション取引は何が違う?証券について理解を深めよう

自分にあった投資と証券会社を

以上、証券取引に新規に参入する、初心者が陥りがちな落とし穴について、紹介していきました。

投資という金融商品は、種類も様々にあります。しかし、それらについて共通して言えることは、「投資は余剰金で」。今の生活を守りながらも、そこでもう一歩踏み込んで、生活を豊かにするために投資を行うことは結構なことです。

投資の世界と上手に付き合うことができれば、自分の視野を広くもてるようになるチャンスでもあります。投資を楽しむことから始めましょう。

証券取引のほかにオススメの投資

国内FX取引

⇒世界中の通貨ペアで為替の取引を行うことができます。最近は手数料(スプレッド)が狭く、気軽に取引が可能。

国内のFX取引に興味をもったならこのサイトがオススメです。

・・・FX初心者のための入門サイト|FX比較ビギナーズ

FX取引が初めての人でも、1から手順を教えてくれるサイト。常に更新しており、最新のトレンドもわかる。

・・・ザイFX! – FXトレーダー、FX初心者に役立つ為替チャートやFX会社比較

サイトは見にくいが、情報は満載。記事数のボリュームがすごすぎて、とてもではないが、1日で見終わることはない。FX会社の比較も、項目ごとに分かれていて丁寧。

海外FX取引

⇒最大レバレッジ400倍ほどでFX取引を行うことができます。ダイナミックなトレードが可能。ギャンブル感覚で取り組んでいる人も多い。ただし国内FXよりもスプレッドは広い。

海外FX取引に興味をもったならこのサイトがオススメです。

・・・海外FX業者の総合口コミサイト-海外FXジャッジメント-

海外FXのサイトにしては珍しく、世界中のトレーダーの口コミが日本語翻訳して掲載されています。

・・・おすすめ海外FX業者選びならハイレバ口座くん!

サラリーマンの管理人が、海外FX業者をレビューしているサイト。とにかくめちゃくちゃ詳しくて細かい。